pyenvによるレンタルサーバー(XREA)上のPython環境構築

レンタルサーバーのxrea.com上のCGIでseabornを使いたかったのですが、今までpipでseabornをインストールしようとしてもエラーが発生していました。pyenvで環境を構築することで一時的に問題が解決しました。

「一時的」の理由は最後に乗せています……

環境構築手順

1.pyenvをgitからインストールする
> git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
2.下記を記載したbashrcを作成してbash上にてsourceする
export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
export TMPDIR="$HOME/tmp"
export PYTHON_PATH=./
eval "$(pyenv init -)"
3.anaconda(色々なモジュールを含んだ環境パッケージ)をインストールする
pyenv install anaconda3-4.4.0

スクリプト側の対応

Flaskで構築しているCGIの場合、app.pyとindex.cgiの両方のpythonのパスをpyenvのパスにします(自分は後者を変更するのを忘れていて、はまりました)

#!/virtual/kumanabe/.pyenv/versions/anaconda3-4.4.0/bin/python
<<中略>>
import matplotlib.pyplot as plt
import matplotlib.font_manager as fm
import seaborn as sns

修正後の表示

以前作成した「日経平均&個別株の騰落率グラフ生成」はmatplotlibでグラフを描画していましたが、下記の様なseabornによる描画に変わりました。

ところがどっこい

CGIにアクセスできなくなってしまいました。おそらくanacondaの容量が1G越えのためxrea.com(フリー)の容量制限を超えてしまったためと思われます。もう少し頑張ってみたいと思います。

追記:【解決編】は下記のエントリーとなります。

コメント