今更ながらKyashリアルカードに申し込み

今更ですが、Kyashへの登録、及びKyashリアルカードに申し込んでみました。

Kyashとは?

Kyash Visaカードは、コンビニや銀行ATMでチャージして使える、プリペイド式のVisaカードです。全国のコンビニ、飲食店、ネットショップなどでのお買い物にご利用いただけます。1分で登録、審査不要で手数料・年会費も無料です。

公式サイトに上記の記載がありますが、プリペイド式のVISAカードとなります。

上記にある「1分で登録が完了」とありますが、iOSやAndroidのアプリ上にヴァーチャルなカードを作成することになります。そのカード番号を用いてネットショッピングが出来たり、電話番号やSNS経由でユーザー間での送金を実施する仕組みとなります。

自動チャージは、送金時・決済時においてKyash残高の不足分のみ自動で充当する仕組みです。
よって、当該行為の直後はKyash残高は0円となります。

また、公式の上記の記載の通りクレジットカードによるチャージは自動チャージとなり、登録したクレジットカードの代わりに決済を自動で実施する形となります。

メリットは?

それだけだと、ユーザー間の送金をしない大勢の人にとってはメリットはあまり感じられません。Kyashのメリットは使用金額の2%のキャッシュバックにあります。

公共料金やnanacoチャージなど対象外の取引がいくつか公式に記載されていますが、それ以外の取引に関しては決済した次の月に2%の金額がキャッシュバックされる形となります。

また、Kyashカードへのチャージに他のクレジットカード(Visa/MasterCard)が使用できるためクレジットカードのポイントとの2重取りが可能となっています。

そのため、1%ポイントのクレジットカードを用いると合計3%のキャッシュバック・ポイントを得ることが出来ます。

Kyashリアルカードとは?

ヴァーチャルがあればリアルもありということで、リアルなプラスチックのカードになります。こちらは登録してから1分でとはいかず、申し込んでから届くまで待つ必要がありますが、実際の店舗でも使えるカードとなります。

ちなみに

発行している会社の名前もKyashと言いますが、三井住友銀行や伊藤忠商事などから出資を受けているIT企業みたいですね。また、NIKKEIでも過去に下記の様な記事で取り上げられています。



追記

リアルカードが到着しました。申し込みから大体10日ぐらいかかりました。それにしても思った以上にぺなぺななカードですね。

コメント