賃貸の火災保険(個人賠償付)は全労済で年間5000円ぐらいに

今年も全労済の火災共済の更新がやってきました。

必要な保障・不要な補償を考えながら内容を考えてみました。

前提条件

前提条件は下記となります。

  • コンクリート造の賃貸に住んでいるため家自身への保証は不要
  • 家財は最低限の保証で構わない
  • 個人賠償責任は、おまけでつけておきたい
  • 借家人賠償責任特約は最低1000万ぐらいあれば大丈夫かな?と悩んでいる
  • 年間5000円ぐらいにしたい

見積もり結果

見積もり結果は下記の様にちょうど5000円となりました。

  • 風水害や地震への保証は不要
  • 盗難補償も不要
  • 個人賠償責任は1億円付加する
  • そのため類焼損害はよっぽどひどいことをしない限り大丈夫と判断して外す
  • 上記を踏まえて、借家人賠償は5000円の保証で入れられる分だけ入れてみる

ということで見積もり詳細は下記となります。

今の住まいは・・・

火災保険への加入が必須となっていない珍しい賃貸物件となっています。とはいえ、念のために今回のような最低限の保証はつけようと思います。

あと、下記の記事にもありますが不動産業者から火災保険を指定されることもあると思います。

ただし、賃貸の場合には年間1万円を超える保証は不要な場合もあると思います。そこは交渉して、全労済でなくてもよいので賃貸住まいに必要十分な補償を選びたいですね。

 

コメント