2017年09月08日

確定拠出年金統計資料を読んでみた

NIKKEI STYLEに確定拠出年金の統計資料に触れている記事があったので元ネタの方も読んでみました。


確定拠出年金統計資料で気になった点

まずは、企業年金連合会のこちらのページから元ネタの資料をダウンロードすることが出来ます。NIKKEI STYLEで話題となっていた貯金・保険の割合以外にも次のような情報が載っていました。

■男女の割合

企業型より個人型の方が女性の割合が大きくなっています。ただし、双方共に男性の割合が7割を超えています。このグラフを見ていると、女性の加入率の低さが伺えて自分の嫁さんにもiDeCoを薦めたくなってしまいます。普通の株式や投資信託だと拒否反応を起こすのですが、国の制度の一環として説明すれば納得してもらえそうです。

企業型
20170908_FM_ki.jpg

個人型
20170908_FM_ko.jpg


■1人あたり資産額

みんな気になる一人当たりの資産額ですが、年代別の資料は企業型しかなかったので企業型のみ載せてみました。

30代で80万、40台で190万、50代で340万といったところでしょうか。自分の場合は転職時に確定給付年金を移管しているのでもう少し多くなっています。その分だけ通常の退職金が少なくなるということではあるのですが……。
20170908_shisan_ki.jpg

■アクティブとパッシブの割合

企業型・個人型を比較すると個人型の方がアクティブを選択されているみたいです。得にバランス型投信については個人型でアクティブの方が大幅に上回っています。自分は企業型ですが、バランス型のアクティブはラインナップになかった気がするので、選べる投資信託の種類が影響を及ぼしているのではないかと思います。

企業型
20170908_pass_act_ki.jpg

個人型
20170908_pass_act_ko.jpg

企業型だと同じ会社の人のパフォーマンスが分かるのですが、さすがに統計資料に載せるのは無理なのかもしれませんね。一番そこが気になる点かもしれませんが。
posted by くまなべ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インデックス投資

2017年09月03日

【ふるさと納税】天童市川中島白桃と天童市のおすすめ返礼品

天童市からふるさと納税の返礼品として桃が届きました。すでに2つ無くなっていますが(^^;
20170901_tendo_0.jpg

送料を考えると返礼品率は6割ぐらいになりそうです。

あと桃の保存方法と言えば、アルミホイルに包むと長持ちするというTIPSがあったので試してみたいと思います。それでも、周りにおすそ分けすることになると思います。

天童市のおすすめ返礼品


また、天童市のふるさと納税は、桃以外にも肉・果物・お米など色々揃っていてお勧めです。
20170901_tendo_1.jpg

我が家では毎年果物をメインに選んでいますが、桃以外のおすすめの紹介です。

■さくらんぼ
今年は紅秀峰を頼んでいます。大粒で甘くておいしいさくらんぼでした。

20170708_furusato_tendo_1.jpg

シャインマスカット
こちらは、今年のはまだ届いていませんが、皮ごと食べられる緑色の高級ブドウです。例年、一房2000円近いものが二房届いています。楽天の通販だと4800円ですね。 (下記の画像は楽天のページからお借りしています)



また、天童市は毎年ふるさと納税を実施した人に返礼品以外におまけをつけてくれます。
山形県天童市は、桃やブドウやサクランボなどの果物からお肉やお米など色々な返礼品が...
こちらも合わせて楽しめるので、天童市のふるさと納税はお得だと思います。
posted by くまなべ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふるさと納税

2017年08月29日

食費を総務省統計局家計調査を使って確認してみた

食費に普通はいくらかけているかを妻と話していて、横山さんの「もうかる家計のつくり方」のスクレイピングをしてみたと書きました。
嫁さんとの会話で「食費がどうしても40000円以下に出来ないのだけれど、たまにW...
続いて総務省統計局の家計調査データも確認してみました。

確認データ

総務省のページの「二人以上の世帯のうち勤労者世帯(農林漁家世帯を除く)」のデータを確認してみました。

ダウンロードしたEXCELを見てもらうと分かるのですが、食費は少なくとも70000円となっています。

70000円だと結構食費がかかっていると思うのですが、子供が育ちざかりだったり、今の団塊の世代の食費の使い方を考えるとこんなものなのかなと思います。

今回はPythonを使わずにEXCELファイルを直接いじってグラフ&表を作成しています。

■各項目ごとの割合のグラフ
20170827_kakei_1.png

概ね外食費が20%を超えています。飲み会代は交際費に入っているため、概ね平日の昼食代がここに含まれています。

家計簿ではここまで細かく分類わけはしていないのですが、下記のことが分かりました
・酒類が0円なので平均以下
・果物は調査結果より多い
・穀類は割合で考えれば概ね平均
・乳卵類は調査結果より多い

自分の家計ではデータが無くて比較できていませんが、後は飲料と菓子類が浪費の要因になるのかなぁと思います。

■各項目ごとの表(単位 円)
20170827_kakei_0.png

それにしても総務省のEXCELを見てみたのですが、ちょっとだけネ申EXCELっぽいですね
posted by くまなべ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家計管理

2017年08月27日

「もうかる家計のつくり方」のスクレイピングで食費のチェック(Python)

嫁さんとの会話で「食費がどうしても40000円以下に出来ないのだけれど、たまにWebで30000円代の家計を見ることがあり、一般的に毎月の食費はどれくらいなのだろうか」という会話になりました。

総務省の家計調査をみても良いのですが、家計相談をしている人の食費をチェックしてみようということで横山光昭さんの「もうかる家計のそだて方」をチェックすることにしてみました。

もうかる家計のそだて方」の家計改善結果は記事中に画像でリンクされています。そのため、対象画像をスクレイピングすることにしました。

結果

作成したスクリプトを実行すると下記の様に画像がダウンロードされます。一部対象外の画像もダウンロードされていますが、手間とのトレードオフということで(^^;

171個ダウンロードされています。
20170825_kakei_0.png

各々、家計改善のデータとなっています
20170825_kakei_1.png


直接画像をリンクさせて頂きますが、下記のような画像をダウンロードしています。


ちなみに、食費の確認結果はおおむね40000円以上でした。そのため40000~50000円を目標金額として嫁さんと話をしています。

では、今回のスクリプトに続きます。

続きを読む
posted by くまなべ at 10:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python

2017年08月25日

ラクスルで名刺を2時間で発注してみた

オフ会のレポートで少し触れましたが、オフ会用に名刺をラクスルに発注しました。オフ会の1週間前に思い立ったため2時間でデザイン作成と発注を実施して、2営業日仕上げ&宅急便による配送をお願いしました。

というわけで、その流れです。


20170822_raksul_0.jpg

2.オンラインデザインの名刺を選択
テンプレートをダウンロードして作成する方法もありますが、時間がないのでオンラインでデザインを作成しました。

20170822_raksul_1.jpg

3.オンラインデザインのテンプレートを選択
カジュアルで、パッと見て分かり易い真ん中のテンプレートを選択しました。

20170822_raksul_2.jpg

4.オンラインでデザイン修正を実施
デフォルトのデザインは下記となります。

20170822_raksul_3.jpg

これをカジュアルなオフ会用の名刺にするために下記のデザインに修正しました。熊のアイコンと共に「くまなべ」の名前を憶えて貰えるようなデザインにしました。

20170822_raksul_4.jpg

5.発注
オフ会まで1週間しかありません。そのため、多少値段が高くなりますが2営業日で発注しました。ちなみに今回の名刺は片面カラーですが、両面カラーでも同様の価格になります。(マット紙 220kg 特殊加工無し)

20170822_raksul_5.jpg

メール便だとオフ会までに届くかどうか分からなかったため、宅急便による配送を依頼して購入手続きは完了です。購入手続きが済んだら、保存したデザインの指定をマイページから実施して発注が完了となります。

今回は時間が無く特急料金で依頼しているため、やや高めの価格になってしまいましたが、初回の500円割引クーポンを使用することが出来ました。その結果下記の価格になりました。

名刺 100枚(2営業日) : \1,000
送料(宅配便)     : \470
注文合計     : \1,470
クーポン利用      :-\500
消費税:   : \78
請求合計金額      : \1,048

もっと時間に余裕をもって発注すれば、価格は抑えられると思いますが、クーポンを使って1000円程度になっているので出来栄えと比較しても許容範囲だと思います。

20170821_card_0.jpg
posted by くまなべ at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記