2017年05月07日

クレジットカードでの軽自動車税納付

自動車税納付の時期ということで、我が家にも軽自動車税納税通知書が届きました。とはいっても、車自体は妻の名義なので妻宛てですが。

支払額

一時期、軽自動車の税金が増税になると話題になった記憶がありますが、下記の様に軽自動車税は制度が変わったみたいです。

この辺りの制度改変は日本特有の軽自動車の制度の扱いを、今後もどのように考えていくのかと関連があると思うのですが、一度税金面の制度は変わったので当面はこれ以上の増税はならないのかなと思っています。

ちなみにざっくり、7200円と10800円(と12900円)の3種類になったみたいですが、通知書を見ると我が家は7200円のままでした。

支払実施

支払額が10000円を超える場合はクレジットカード支払いの手数料とか制限とか色々あるみたいですが、7200円なのでクレジットカード(リクルートカードプラス)で支払いを実施しました。

リクルートカードプラスの還元率は2%なのでポイント的には  「7200*0.02=144円」 で微々たる額ですが、必ず払わないといけない税金なので少しでもお得にしたい感じではあります。

ちなみに名義が妻の税金だとしても私のクレジット―カードで払っても特に問題は無いようでした。

支払額が10000円を超える場合は?

自分が住んでいる所では軽自動車税の支払額が10000円を超える場合にはクレジットカードによる支払いが不可能になるみたい(自動車税の場合は手数料を支払うことで可能になるみたいですが)なので、nanacoチャージからのコンビニ支払いになりそうです。その場合でもリクルートカードを使用する形になることになるので1.2%のポイントチャージにはなりそうな感じです。

あと、今後引っ越しなどで10000円以下の支払いでもクレジットカード支払で手数料がかかる自治体に移った場合はnanacoチャージからのコンビニ支払いにした方が良い場合がありそうです。

今後

新車購入から13年経つと軽自動車税が12900円に増税になるみたいです。車を主に使うのは妻なので、使用用途とかを考えて車の買い替え時期とかを考えていくことになるのかもしれません。とは言っても町乗り用なら軽自動車で十分な感じではあるのですが。


スポンサーリンク
posted by くまなべ at 22:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家計管理
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179673813
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック