2017年10月29日

coconalaサンプル一覧表示サイトを作ってみた(Python)

TwitterやBlogのアイコンやサイトのヘッダなどのイラスト作成を個人に依頼するcoconalaというサイトがあります(イラスト以外にも色々な出品がありますが)

20171028_coconala_0.png


coconalaで検索した時の感想


下記の様な感じでcoconalaのサイトの検索機能で値段や納期などの検索はできますが、お願いする側としては、とりあえず絵柄を一覧で見てみたいと思うのではないかなーと思いました。

20171028_coconala_2.png


ということで

スクレイピングで、サンプルを一覧表示してサンプルをクリックすると各ID(サービス)に飛ぶサイトを作ってみました。ひとまず、下記のような感じでアイコン作成とイラスト作成で販売実績が多い人から順に並べています。

20171028_coconala_1.png

できあがったときに、パッと見カラフルで、見てて楽しい出来栄えになるのは作ってみて楽しいですね。
posted by くまなべ at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python

2017年10月28日

交通系ICカードで新幹線に乗れるスマートEXのお得な使い方は?

以前、エクスプレス予約についての記事を書きました。
東海道新幹線にはチケットをネットで予約してチケットレスで搭乗できる「プラスEX」...
この時は「プラスEX」と「エクスプレス予約」が統合されるという内容でしたが、追加で「スマートEX」という年会費無料のサービスが出てきました。自分の使い方と照らし合わせて、どのように使うのがお得なのか考えてみたいと思います

EX予約とスマートEXの違い

ざっと違いは下記となりますが、金銭面としての大きな違いは年会費(1000円)の有無とチケットの値段の差となります。

20171029_smartex_0.png

自分の使い方

自分の場合は主に「小田原<->静岡」間を利用することになります。この場合の金額の差としては下記となります。「EX予約」は1000円の年会費がかかるので指定席・グリーン席で2往復すれば年会費の元が取れることになります。

 スマートEXEX予約通常
自由席3390円3390円3390円
指定席3710円3390円3910円
グリーン席4470円4140円4670円

EXこだまグリーン早得

この場合「EX予約」一択になりますが、EX早得という早期割引は「スマートEX」「EX予約」ともに使用することができます。「小田原<->静岡」間は、「こだま」になるので「EXこだまグリーン早得」というグリーン席の早得チケットが使えます。(乗車の3日前までに申し込むことが可能です)

EXこだまグリーン早得」を使うと3790円となり指定席に400円プラスすることで「スマートEX」「EX予約」ともにグリーン席に乗ることが出来ます。

もし、「EXこだまグリーン早得」を使うだけなら「スマートEX」がベストチョイスになりそうです。


20171029_smartex_1.png


EX☆静岡楽旅キャンペーン


ついでにですが、特定のシーズンに静岡に「EXこだまグリーン早得」を利用して旅行をすると「EX☆静岡楽旅キャンペーン」を受けることが出来ます。関東の人間にとっては近場で+αの特典を受けることができるので便利だと思います。

posted by くまなべ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月27日

週刊ダイヤモンド10月31日号 特集「減らさない投資」


見出し

【減らさない投資】
20 人生100年時代に突入 将来の自分と家族を守る ■酒井 雅浩
22 NISAとiDeCo 投資は国推奨の節税だ  ■尾崎 大輔
24 ここだけ理解 NISAとiDeCo比較 ■尾崎 大輔
26 投資デビューの金融機関選び 手数料をシビアに ■安積 拓哉
28 投資信託 複数、中長期でリターン積み上げ ■篠田 尚子
30 裏技発見 iDeCoで全額定期預金 ■安積 拓哉
32 投資初心者は連続増配株 ■尾崎 大輔
34 長期安定の住居系REIT 日銀出口の懸念ないインフラ ■関 大介
36 ロボットお任せ投資のメリット ■酒井 雅浩
37 本誌記者のビットコイン投資体験記 右肩上がりから短期間で4割の急落も ■谷口 健

内容&感想

まずは現在設定されている制度について各種NISAとiDeCoの各々非課税となる区分け(値上がり益・配当分配金・所得税住民税・受け取るときの税金)や具体例が説明されていました。

特に具体例についてはイメージが付きやすい説明になっています。iDeCoでの投資した時の所得税・住民税の減税分がいかに大きいかが分かります。

ただ気になったのはNISA経由でお金を受け取る時に税金がかかるような表記になっていた部分でした。関係ないってことを示したいのかもしれませんが。

また、NISAとiDeCoの1ヶ月の投資金額上限も表になっていて分かり易いです。ざっくり会社員だと下記の区分けになるんですね。
 企業年金未加入:2万3000円
 企業型確定拠出年金に加入:2万円
 企業型確定給付年金に加入:1万2000円
あとはiDeCoとは異なりますがマッチング拠出もありますね。会社が拠出している金額が上限になるみたいですが。

制度の感想としては、老後資金&節税だったらiDeCo一択だと思いますが、途中で引き出したいのならつみたてNISAが初心者には良さそうですね。

また記事ではNISA,ジュニアNISA,つみたてNISA,iDeCoの比較一覧表と用途が明記されていますが、やっぱりジュニアNISAの使い方が微妙というか、一般NISAとほぼ内容が変わらないのでNISAの枠で足りない人用に見えてしまいますね。

余談


iDeCoを全額定期預金にしたときの減税効果による利回りシミュレーションがあって面白かったです。職業・家族構成・年収別に想定利回りが表になっていて、ずっこいかもしれませんが、投資に拒否反応があるひとにiDeCoを進めるときに良いかもしれませんね。

posted by くまなべ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | インデックス投資

2017年10月17日

VALUの別の情報もつぶやいてみる(Python+MySQL+Tweepy)

下記のエントリでVALUの時価総額ランキングを呟くようにしました。
下記のエントリーでVALUの情報をスクレイピングしてMySQLに格納しました。...
今回は、時価総額だけでなく追加の情報もつぶやくようにしました。その内容についてのエントリーです。

追加のつぶやき

今回は、騰落率と新規公募時の時価総額のランキングをつぶやくようにしました。
下記をつぶやくまでに、幾つか注意した点を明記しておきます。

追加でスクレイピングした情報

今まではVALUのページの左側の情報のみを入手していましたが、今回は右側の情報も取得しました。

20171016_valu_0.png

また、今回は、右のように前日終値がついていないものは新規公募扱いとしてフラグを立てています。

20171016_valu_1.png

該当箇所のコードは下記となります。
    # em tagで順番に 現在値:時価総数:発行VA数:VALUER数となる
current_value = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_left em")[0].string))
ag_market_value = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_left em")[1].string))
value_issue = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_left em")[2].string))
numerical_value = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_left em")[3].string))

if soup.select(".news_valu_right em")[0].string == "---":
# 新規メンバーの場合
last_close_value = float(0)
last_first_value = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_right em")[1].string))
last_top_value = float(0)
trunover = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_right em")[3].string))
yearly_high = float(0)
yearly_low = float(0)
diff_rate = 0
newid = 1
else :
last_close_value = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_right em")[0].string))
last_first_value = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_right em")[1].string))
last_top_value = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_right em")[2].string))
trunover = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_right em")[3].string))
yearly_high = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_right em")[4].string))
yearly_low = float(re.sub(",","",soup.select(".news_valu_right em")[5].string))
diff_rate = 100 * (current_value - last_close_value) / last_close_value
newid = 0

連投制限

Twitterでは全く同じ発言をつぶやこうとするとErrorが発生します(20回に1回ぐらいなら良いのかもしれませんが)。そのため前日と全く同じデータ・ランキングの場合にはTweetすることが出来ません。そのため、ランダムな数字を文末に挿入することにしました。該当箇所のコードは下記となります。
    for row in cur.fetchall():
tweet = tweet_prev + str(rank)+"位:"+row[1]+"("+row[0]+"):"+str(row[index])+str(unit)+"\n"
#140文字以上になる場合は、140文字以内になるように分割してリストに追加
if len(tweet) > 130:
tweet_list.append(tweet_prev+"\n"+str(random.randint(1,100)))
tweet_prev = str(rank)+"位:"+row[1]+"("+row[0]+"):"+str(row[index])+str(unit)+"\n"
tweet = ""
else:
tweet_prev = tweet
では、これらのことに注意して修正した全コードに続きます。
続きを読む
posted by くまなべ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python

2017年10月13日

今月のAUの3太郎の日はDAISOですね

今月のAUの3太郎の日はDAISOですね。3日はすっかり忘れていましたが。STAR会員だと1個だけなので、DAISOに寄る用事があれば、ついでに……といった感じでしょうか?


20171011_3taro.png
posted by くまなべ at 04:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン

2017年10月12日

大和市立図書館(シリウス)がスゴイのでお薦めしてみる

大和駅近くにある大和市立図書館(シリウス)に行ってきました。

神奈川県の図書館というと海老名の図書館が色々な意味で有名ですが、大和市立図書館は良い意味でスゴイので紹介します。

蔵書がスゴイ

図書館なので蔵書が一番重要だと思いますが、一般書・技術書共に新しい本がそろっています。

例えば図書館の蔵書をWebから調べると、2017年を含む比較的新しい本が見つかります。特に技術書の揃い方は一般の市立図書館には無いレベルだと思います。例えとしてPythonや投資関連を見てみると下記の様な感じです。

書名検索:Python
ここ最近の有名な「退屈なことはPythonにやらせよう」や機械学習関連の蔵書が複数所蔵されています。
20171011_yamatoL_0.png

著者検索:山崎元
投資関連の一例は「山崎元」さんの名前で著者検索してみましたが、確定拠出年金や投資関連の最近の本が所蔵されています。
20171011_yamatoL_1.png

また、蔵書検索システムからは分かりずらいですが、雑誌も技術書・趣味・経済と本屋で見かける雑誌は一通りカバーされています。

施設がスゴイ 

図書館はもちろん本を読む場でもあります。ゆったりと座って読むためのスペースが、普通の図書館と比較しても数多くあります。大和図書館のページから画像をリンクしていますが、下記の様な、とてもおしゃれなスペースとなっています。


また、これらのスペース以外に有料の電源コンセントつきの勉強スペースが存在しています。2時間100円で飲食可能な勉強机やソファーが配置してあるスペースとなります。

あと、1階にはスターバックスがありますが、スターバックスに負けないぐらいにオシャレな施設になっています。

子供連れにやさしくてスゴイ

3階は子供用のフロアとなっています。本棚は子供に合わせてカラフルで高さが低い物となっており、本が探しやすくなっています。


さらに子供が遊ぶためのスペースが2つ併設されています。
1つは2歳までの子供が遊ぶデパートの中の休憩所の様な無料のスペース、もう1つはボーネルランドが提供している有料の遊び場となります。

有料の遊び場は3歳〜小学2年生までが2時間制で遊ぶことが出来ます。料金は下記の通りで、一般的な有料遊び場よりも格安で提供されています。
こども

2時間につき

市内利用者200円
市外利用社300円
おとな

1日につき

市内利用者300円
市外資料者400円


そのほかにも

1階と4階にロボットのペッパーがいたり、本の貸し出しが無線タグによるセルフの貸し出しになっていたりと、子供と一緒に行っても十分楽しめる施設となっています。

近くにこんな施設があったらいいのになーと思いながら行ってきました。

posted by くまなべ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月10日

VALUの時価総額ランキングを定期的につぶやいてみる(Python+MySQL+Tweepy)

下記のエントリーでVALUの情報をスクレイピングしてMySQLに格納しました。
下記のエントリーで、とりあえずMySQLに触ってみましたが、実用的なことを実施し...
そのDBを元に時価総額を降順に検索して下記の様にアカウント「@kumakuma_ap」でつぶやくコードを作成しました。またつぶやくタイミングはcronで設定しています。

Tweetを140文字以内にするために

今回のコードは下記の部分でTwitterの制限である140文字になるように分割しています。
    # 時価総額10位以内を順に取得
for row in cur.fetchall():
tweet = tweet_prev + str(rank)+"位:"+row[1]+"("+row[0]+"):"+str(row[5])+"BTC\n"
#140文字以上になる場合は、140文字以内になるように分割してリストに追加
if len(tweet) > 140:
tweet_list.append(tweet_prev)
tweet_prev = str(rank)+"位:"+row[1]+"("+row[0]+"):"+str(row[5])+"BTC\n"
tweet = ""
else:
tweet_prev = tweet

rank=rank+1
# 残ったTweetをリストに追加
tweet_list.append(tweet_prev)
では、今回のコードに続きます。

続きを読む
posted by くまなべ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python

2017年10月09日

レンタルサーバー(XREA)でcron設定をしてみた

下記のエントリーでVALUのデータを取得してMySQLのDBに格納するPythonのスクリプトを作成しました。
下記のエントリーで、とりあえずMySQLに触ってみましたが、実用的なことを実施し...
次に定期的にVALUのデータを取得するためにCronの設定を実施しました。

cron設定方法

1.実行用のスクリプト(001_valuCron.sh)を下記の様に作成
cd /virtual/kumanabe/public_html/cgi/ValuCheckFlaskS/
./valuCron.py
2.パーミッションを755に設定(最初は705設定となっていて動作しなかった)
chmod 755 /virtual/kumanabe/public_html/ -R
 
3.コントロールパネルのcronジョブを選択
20171005_cron_0.png

4.cronジョブの新規作成からスクリプト名や実行時間の設定を実施(今回は夜中の1時に設定)

20171005_cron_1.png

一応、これで設定は完了です。

ちなみにSSHでLOGINしたあとにcronetabで状況の確認も可能ですね
> crontab -l
0 1 * * * /bin/sh /virtual/kumanabe/001_valuCron.sh

posted by くまなべ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python

2017年10月08日

東京スター銀行のスターワン円定期預金プラス(利率:0.25%)


詳細条件

0.25%の条件:下記の何れかの条件に該当
・1500万円以上の預け入れ
・300万円以上の預け入れで新規口座作成
・300万円以上の預け入れで投資信託・外貨預金・融資商品を利用

0.20%の条件:下記の条件に該当
・1000万円以上1500万円未満の預け入れ

0.15%の条件:下記の条件に該当
・300万円以上1000万円未満の預け入れ

申し込み:店頭
期間:1年

0.25%の条件のために……

自分は、少量の外貨預金(1ドル分)をいれて300万円以上を預け入れることで条件を達成しました。おそらく、この方法が一番簡単に条件を達成できる方法だと思います。ただし、スターワン円定期預金プラスの条件は毎年変わるので、来年はこの方法が使えないかもしれません。

注意事項

店頭での申し込みのため色々な商品を薦められる可能性があります。時間がない体を装うと勧誘を避けられるかもしれません。また、定期預金は1年経つと自動で利率の悪い定期に更新されます。後で、ネットバンクから自動解約にしておくのがお勧めです。

ちなみに設定方法は、「定期/外貨預金取引」⇒「定期預金の満期時のお取扱い方法の変更」に進み

20171008_tstar_0.png

満期時の取り扱いを「元利受取」に変更します。

20171008_tstar_2.png

これで1年後に定期預金が解約されて普通預金になります。
posted by くまなべ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | キャンペーン

2017年10月07日

【ふるさと納税】天童市シャインマスカットが到着

ふるさと納税の返礼品のシャインマスカットが天童市から届きました。
大粒のシャインマスカットが3房入っていました。明日はシャインマスカット三昧です。お達しが出る前に寄付しているので返礼率は5割ぐらいかな?

20171007_tendo.png


天童市の他のおすすめの返礼品は下記のエントリーでも紹介しています
天童市からふるさと納税の返礼品として桃が届きました。すでに2つ無くなっていますが...
posted by くまなべ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ふるさと納税