2017年09月23日

pyenvによるレンタルサーバー(XREA)上のPython環境構築

レンタルサーバーのxrea.com上のCGIでseabornを使いたかったのですが、今までpipでseabornをインストールしようとしてもエラーが発生していました。pyenvで環境を構築することで一時的に問題が解決しました。

「一時的」の理由は最後に乗せています……

環境構築手順

1.pyenvをgitからインストールする
> git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
2.下記を記載したbashrcを作成してbash上にてsourceする
export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
export TMPDIR="$HOME/tmp"
export PYTHON_PATH=./
eval "$(pyenv init -)"
3.anaconda(色々なモジュールを含んだ環境パッケージ)をインストールする
pyenv install anaconda3-4.4.0

スクリプト側の対応

Flaskで構築しているCGIの場合、app.pyとindex.cgiの両方のpythonのパスをpyenvのパスにします(自分は後者を変更するのを忘れていて、はまりました)
#!/virtual/kumanabe/.pyenv/versions/anaconda3-4.4.0/bin/python
<<中略>>
import matplotlib.pyplot as plt
import matplotlib.font_manager as fm
import seaborn as sns

修正後の表示

以前作成した「日経平均&個別株の騰落率グラフ生成」はmatplotlibでグラフを描画していましたが、下記の様なseabornによる描画に変わりました。

20170922_stockFlask.png


「日経平均&個別株の騰落率グラフ生成」の以前の記事は下記となります。
特定の株の証券コードを入力すると基準日からの騰落率を日経平均とともに折れ線グラフ...
というわけで、前回の説明に引き続いて日経平均&個別株の騰落率グラフ生成ページの詳...

ところがどっこい

CGIにアクセスできなくなってしまいました。おそらくanacondaの容量が1G越えのためxrea.com(フリー)の容量制限を超えてしまったためと思われます。もう少し頑張ってみたいと思います。

追記:【解決編】は下記のエントリーとなります。
【解決編】と銘打ってもXreaPlusの有料プランにしただけなのですが、一応+α...
posted by くまなべ at 20:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python