2017年08月10日

「公式RT直後のツイート」と「コメント付RT」の抜き出しscriptのBootStrap化


車輪の再発明になりますが、Pythonの勉強がてら「公式リツイート直後のツイート...

ただし、見た目がしょぼかったのでBootStrapで下記の様な画面にパワーアップさせました。その時の備忘録です。

20170808_bootstrap_0.jpg
20170808_bootstrap_1.jpg

ちなみにBootstrapとはTwitter社が開発したCSSの「フレームワーク」になります。


BootStrapのダウンロードと展開

CDNをURL指定する方法を実施してみたらうまくいかなかったので、BootStrapを自分のサーバー上に設置して実施する方法を取りました。ダウンロードはこちらからzipで実施しました。

ちなみに展開すると下記の様なディレクトリ構成になります
bootstrap
├─css
│      bootstrap-theme.css
│      bootstrap-theme.css.map
│      bootstrap-theme.min.css
│      bootstrap-theme.min.css.map
│      bootstrap.css
│      bootstrap.css.map
│      bootstrap.min.css
│      bootstrap.min.css.map


├─fonts
│      glyphicons-halflings-regular.eot
│      glyphicons-halflings-regular.svg
│      glyphicons-halflings-regular.ttf
│      glyphicons-halflings-regular.woff
│      glyphicons-halflings-regular.woff2

└─js
        bootstrap.js
        bootstrap.min.js
        npm.js

サーバー上の設置場所

最初CGI直下にBootStrapという名前で設置して失敗したのですが、FlaskでBootStrapを使うためには下記の様に設定するのが正しいようです。

CGI
├─static
│  ├─css
│  ├─fonts
│  └─js
└─templates

タグを打つ……前に入門サイトを参考にする

Googleで調べれば色々出てくるとは思いますが、自分は動画で解説を見ることが出来る下記を参考にしました。このタグを使いたいなーと思ったら動画を止めて打ち込んでいました。


ということで、実際に修正したスクリプトに続きます。

続きを読む
posted by くまなべ at 06:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python