2017年07月27日

フォロー・フォロワーの分類を自動で実施してみた

たまにフォロワー分類みたいなことをしている人がいると思います。TwitterのUser情報やTweet情報を用いて自動で分類ができないかなーと思って、次の様な分類を実施してみました。

分類方法

  • X軸:投資方法がアクティブかどうか
  • Y軸:Twitter上での活動がアクティブがどうか

図にしてみると下記となります。Userの自己紹介文やTweet頻度を参考にして、この図の上にフォロワーやフォローの方のアイコンを分類わけして置いてみました。

20170730_activeGraphBase_0.png

結果


結果としては、下記のような分類分けになりました。投資方針の軸は株式・海外投資・不動産な人をアクティブにしてみました。いい加減なアルゴリズムですがインデックス投資な人はX軸の左寄りになるようにしています。

20170730_activeGraphBase_1.jpg

というわけで、そのいい加減なアルゴリズムに基づいたプログラムは次に続きます。


続きを読む
posted by くまなべ at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | Python