2017年01月21日

家計管理とか家計簿作成とか

まわりの人に家計管理を聞くと、共働きな人はもちろん妻が専業主婦な人でも、皆さん、資産状況をお互いに完全にOPENにしていないみたいです。例えば共働きな人はお互いの資産は把握せず共用財布の中しか把握していないとか、妻が専業主婦な人は株式などの資産状況を見せていなかったりとか。


家計管理方法

うちの家庭は子供が小さいこともあって、現在妻が専業主婦なのですが全て家計簿も資産状況も完全にOPENにしています。家計簿は紆余曲折合ったのですが結局下記のやり方になりました。
  1. 家計簿の収支に用いる口座は私の給料が振り込まれるメインバンクとする
  2. 通帳から引き落とし・引き出し分は通帳に分かるようにコメントを書く
  3. クレカの引き落としや私個人の使用分の詳細内容は別途EXCELで記入する
  4. 妻はうきうき家計簿(フリーソフト版)に日々の使用分を記載していく
  5. 月末に私の使用分をEXCELで妻にメールで送付する
  6. 妻がうきうき家計簿(フリーソフト版)にEXCEL分を記入する
うきうき家計簿のオンライン版やマネーフォワードによる家計簿の提案も妻にしたのですが、オンライン上に家計簿データを置くことの拒否反応からうきうき家計簿のオフライン版を使っています。

小遣い制で無い代わりの制約事項

ちなみに小遣い制では無いかわりに下記を制約としています。
  1. すべての使用分を分類わけしてEXCELで記入すること(小遣いという分類はなく、本・雑貨・食費とかになる)
  2. 1万円以上のものを買うときは事前に相談する
あと小遣い制ではないですが、基本的には月初めに2万円を引き出して、目安としては食費を含めてその範囲でやりくりをするようにしています。大体必要なものはクレジットカードで購入してしまっているというのもあるのですが……。

生活費のやり取りと資産管理

月々の生活費は、妻の口座がバッファとなっていて、月末に日々の使用分の明細を妻から受け取ってメインバンクから妻の口座に振り込むことになります。(通帳自体はいつも家に置いているのですが、キャッシュカードは私が携帯しているため) あらためて書くとめんどくさいことをしているなぁと思うのですが、夫婦二人が家計に当事者意識を持つという観点でこんな感じになっています。昔は私自身がメインで家計簿をつけていたのですが、妻から家計の状況が見えにくいという話になってやり方を変えてみました。
あと、半年に1回、私の方で妻も含めたTOTALの資産表を作成してお互いに共有しています。ここで、リスク資産の増減や割合も見える形となります。ただしリスク資産に関しては妻は余り興味が無いようなのですが……。

普通はどんな感じなんですかね。少なくともお互いの資産を把握しておかないと保険屋さんとかFPにライフプランを相談するときに困ると思うのですが。あと、こちらの方が重要だと思いますが、金額が正確ではなくても、最低限どこに資産があるかの一覧がないとお互いに何かあった時に資産が引き出せないというか資産の存在自体が闇に葬られてもったいないことになってしまうのではないかと思います。


posted by くまなべ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家計管理

2017年01月07日

2017年1月資産状況

BLOG開始の自己紹介がてら半年に1度作成しているリスク資産状況です。

リスク資産状況(個人向け国債含)

201701_PF_00.jpg

ものすごく国内債券が多いのですが、自分も妻も個人向け国債をキャンペーン時に預金から買い増ししているということもあり、個人向け国債がほとんどを占めています。個人向け国債をリスク資産に含めるかどうかは人によって分かれると思います。ということで、個人向け国債を除いたのが下記になります。

リスク資産状況(個人向け国債除外)

201701_PF_01.jpg
国内株式が60%以上を占めるのは現物株による影響が大きいです。できれば現物株を売却しつつインデックス投資信託にシフトしていきたいとは思っています。現状では、アセットアロケーションを上手く設定できていないのですが、そのあたりは徐々に修正できればと思います。また、この中には企業型DC年金を含んでいます。

また、投資自体はインデックスファンドと優待銘柄を主に扱っています。具体的には

保有インデックスファンド

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • ニッセイTOPIXインデックスファンド
  • eMAXISバランス(8資産均等型)

上記を積立で実施しています。今のところは1:1:0.5の割合で積み立てるように努力しています。

保有ファンド(DC)

売却による税金がかからないため企業型DCは外国株式インデックスにするという原則に従って、外国株式インデックスを100%積立で実施しています。

保有株式(優待目的)

  • サンリオ
  • ビックカメラ
  • コジマ
  • 丸善CHI
  • 山喜
  • アトム
  • クリレスHD
  • ヤマダ電機

優待目的の株式は以上となり、上記は店舗で実際に使い切ることを目的としています。サンリオ自体は株価は額面で10万円以上損失を出していますが、年間チケットが6枚貰えるため配当と合わせて2万円分戻ってきている換算です。子供が小学校高学年になる前に株価分の損失は穴埋めできそうです。もちろん、今購入すると利回りが10%ぐらいになるのでオススメです。

保有株式(非優待目的)


  • ディジタルメディアプロフェッショナル
  • 明光ネットワークジャパン
  • 篠崎屋
  • 日本ファルコム
  • みずほフィナンシャルグループ

ディジタルメディアプロフェッショナルは、初めて購入した時は600円ぐらいの時でした。その後IRが出ると株価が乱高下するので、売却して株価が下がってきたときに再度買いなおすのを繰り返しています。でもだんだん株価のBottomが上がってきているので、このやりかたも厳しくなってきているかなと思います。

明光ネットワークジャパンは当初は3000円のQUOカード目的で保有していたのですが、100株の株主は3年以上の長期保有をしないと3000円のQUOカードを貰えなくなってしまったのでどうしようかなと思いながら保有しています。

篠崎屋はここの豆腐が好きで保有しています。一時期は3%程度の配当が出ていたのですが、業績不振によって株価も配当も下がってしまいました。下がっているときに買い増しをして更に損失を出していたのですが、昨年末の謎の急騰時に半分売却したので損失額的に良くなりました。

自己紹介がてらのリスク資産状況は以上ということでよろしくお願いします。
posted by くまなべ at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 資産状況

2017年01月01日

プライバシーポリシー

当サイトに掲載されている広告について


当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス)を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告のため、サイトアクセスの情報 (Cookie)を利用することがあります。またGoogleアドセンスに関して、この情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて


当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを利用しています。この収集されてデータは匿名であり、個人を特定するものではありません。この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ます。お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。
posted by くまなべ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | プライバシーポリシー