20万円弱の税金をnanaco(クレジットチャージ)で払ってみた

色々あって、20万弱の税金を自分で支払う状況になりました。コンビニで支払いが可能であれば、クレジットカードチャージしたnanacoで支払えば良いと聞くので実施してみました。

クレジットカードの準備

nanacoでコンビニ支払いをしてもポイントは貯まりません。その代わりnanacoへのクレジットカードチャージでクレジットカードのポイントが貯まります。今回はリクルートカード(1.2%ポイント)を使いましたが、すべてのクレジットカードでポイントが貯まるわけではないことに注意です。

nanacoの準備

1枚のnanacoで50000円のチャージと50000円のセンター預かりで合計100000円まで貯めることができます。また、1つのクレジットカードに結びつきができるのは「nanacoカード1枚」と「nanacoモバイル1つ」になります。今まではnanacoカードしか持っていなかったので、今回新たにnanacoモバイルを契約しました。
クレジットカード登録の注意点としては、クレジットカード登録は入会後時間がたってから可能になります。税金支払いの納期を気にしておく必要があります。
  • nanacoカード:入会から約5日後
  • nanacoモバイル:入会から約10日後

nanacoにクレジットからのチャージ

順番としては下記となります。
  1. 50000円チャージ(センター預かり)
  2. 50000円をセンター預かりから残高に反映
  3. 50000円チャージ(センター預かり)
ここで注意点はnanacoモバイルでアプリからチャージすると、直接残高に反映されてしまうのですべてnanacoのWebページから実施する必要があります。
更に自分の場合はクレジットカードの上限にきてしまったのか合計180000円までしかできませんでした。そのため、今回残りは現金で支払いをしています。

セブンイレブン店頭での支払い

セブンイレブンに納付書を持っていきます。普通に頼むと「5万円しかないので足りませんけど・・・」といわれてしまうので、「複数枚のnanacoで順次支払っていきます」というとスムーズに事が進むと思います。

というわけで

支払いをしてきました。
ざっくり180000*0.012=2160ポイントぐらい貯まる計算です(残りの16000円は現金で支払っています。)
20180130_nanaco_0.png

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)