食費を総務省統計局家計調査を使って確認してみた

食費に普通はいくらかけているかを妻と話していて、横山さんの「もうかる家計のつくり方」のスクレイピングをしてみたと書きました。
続いて総務省統計局の家計調査データも確認してみました。

確認データ

総務省のページの「二人以上の世帯のうち勤労者世帯(農林漁家世帯を除く)」のデータを確認してみました。
ダウンロードしたEXCELを見てもらうと分かるのですが、食費は少なくとも70000円となっています。
70000円だと結構食費がかかっていると思うのですが、子供が育ちざかりだったり、今の団塊の世代の食費の使い方を考えるとこんなものなのかなと思います。
今回はPythonを使わずにEXCELファイルを直接いじってグラフ&表を作成しています。
■各項目ごとの割合のグラフ
20170827_kakei_1.png
概ね外食費が20%を超えています。飲み会代は交際費に入っているため、概ね平日の昼食代がここに含まれています。
家計簿ではここまで細かく分類わけはしていないのですが、下記のことが分かりました
・酒類が0円なので平均以下
・果物は調査結果より多い
・穀類は割合で考えれば概ね平均
・乳卵類は調査結果より多い
自分の家計ではデータが無くて比較できていませんが、後は飲料と菓子類が浪費の要因になるのかなぁと思います。
■各項目ごとの表(単位 円)
20170827_kakei_0.png
それにしても総務省のEXCELを見てみたのですが、ちょっとだけネ申EXCELっぽいですね

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)