週刊エコノミスト(お任せで勝つ資産形成)の感想とSBI証券のFundRobo

先週の週刊エコノミストの長期投資関連の記事「お任せで勝つ資産形成」をdマガジンで読んだので、その感想です。

読める記事

dマガジンでも一通り下記の記事を読むことができます。

お任せで勝つ資産形成
70 英国年金制度に学ぶ長期投資の「三つの秘訣」 ■野尻 哲史
72 バフェットがこだわる「低コスト」 ■尾藤 峰男
73 ロボアドバイザー19社 ■編集部

感想

資産形成は、額ではなく年収に対する比率で考えるべきとか、資産運用をお任せにして時間を割かないようにすると良いという記事でした。
その中で気になった点としては、英米の確定拠出年金ではターゲット・デート・ファンドが主力商品になっていて、記事の中でも勧めている(ただし信託報酬率が高めなことは明記している)でした。1%程度信託報酬でとられるのなら、バランスファンドを適宜切り替えた方がよいのかなと思いました。(人によってはバランスファンドですら否定的かもしれませんが)
あと、SBI証券にアドバイス単独型のロボアドサービスがあると書いてあり、なんじゃそりゃと思ってみたら、アンケート形式で自分のリスク許容度を判断して、それにあった投資信託を教えてくれるサービスなんですね。役に立つのか?と聞かれると微妙ですが……

コメント